総量規制の関係を知る

総量規制と言えば年収の3分の1までしか借入ができないと定められた法律です。カードローンもお金を借りる以上はこの法律を守る必要があります。

 

例えば年収300万円の人がカードローンを利用する場合、100万円までしか借入ができないことになります。この100万円というのは1社からの借入ではなく複数の業者から借入る場合には合算します。3社から50万円ずつ借入ということができないわけです。

 

しかし、総量規制というのは銀行からの借入には適応されません。つまり同じカードローンでも銀行が提供するものであれば100万円を超えても問題ないわけです。

 

実際には銀行も審査がありますから年収に対して明らかに返済が不可能な金額を貸し付けてくれることはありませんが、法律上の上限がない事で収入の少ない人でもある程度の額を借りる事が可能になります。

 

また、銀行以外にもいくつか例外の措置が存在します。実は総量規制では利用者が一方的に有利な借入の場合は年収の3分の1を超えても良いとされています。

 

例えば年収が300万円の人が既に200万円の借金をしていたとします。当然新規の借入はできませんし100万円を超えていますから借換もできないように見えます。しかし、現在よりも金利が低いカードローンへ借換をする場合であれば、「利用者が一方的に有利」と判断できますから200万円の借換でも問題がないのです。

借り換えとしてカードローンを利用するなら適する借り入れ先を選ぶ必要があります。消費者金融でも借り換えは行えますが、金利面で見劣りがするために借り換えを本格的に考えるなら銀行が良いでしょう。

 

銀行の中でも手続きが来店不要で進められるオリックス銀行カードローンで借りる借り換えの借り方であれば、限度額が大きな契約ほど低金利となるので安心して借りられます。